PAGE TOP

CATEGORIES
ARCHIVES

キャンドル教室ブログ

2014.07.08 Tuesday

8月スケジュール

 


   

8月のスケジュールをアップしました。

 




8月は制作多忙の為、
レッスン日をかなり少なく設定させていただくことにしました。

 

マスタークラスも含めた全てのレッスンをこちらのスケジュールより、


予約順で対応
させていただきます。


ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 


 

 

暑い1日でしたね。

 

今日もお越しいただきましてありがとうございます。

 

そろそろ冬のイベントの準備にかかれれてる生徒さんもいますが、

 

これから夏本番、みなさんくれぐれもご自愛くださいね。

 

レッスンが終わってからミツロウでキャンドルをたくさん作りました。

 

さすがにこの蒸し暑さに少しバテました。

 


 


                                   

2014.06.04 Wednesday

キャンドルランタン

 

終日レッスン

 

今日もありがとうございました。

 

先日の50gのミツロウで、
小さなキャンドル
ができあがりました^^


こちらは、蜂の巣をわけていただいた

養蜂家さんにお送りします。



カワイイランタンを見つけたので

数個持って帰ったのですが、

すでに無くなってしまいました-(^^ゞ

 

また入りますので、欲しい方は

ご連絡くださいねーー^^


2014.06.02 Monday

蜜蝋のお話

 


6月のレッスンも詰まってきています。

 

日時が限られる方、ご予約はお早めに!!

 

 


蜜蝋のこと

 

 

毎年夏になると、高知の夜須から蜂の巣が届きます。

それをアトリエで精製しミツロウを取り出す作業をするのが

今年でもう4年目になります。

送っていただだいている蜂の巣は貴重な日本蜜蜂のものです。

 

一般の養蜂は西洋蜜蜂で家畜になります。

現在、減少が危惧されている日本蜜蜂は、

自然溢れる山の中の岩穴や木の穴に巣を作ります。

 

巣の作りが西洋蜜蜂と日本蜜蜂では全く違うこと

日本蜜蜂のほうが、少し西洋蜜蜂より小さくなります。

 

そんな蜜蜂の貴重なお話を、
先日、養蜂家さんから

聞かせていただきました。

 

 


 

西洋蜜蜂の巣

私は素手で持たせてもらいました。
ハチミツが詰まっていてずっしり重かったです。

蜂さんにも機嫌があって、天気や気温、時間で変わるそうです。

 

この日は、ポカポカ陽気の快晴、蜂さんの機嫌のいい午前中だったので

ネットも何もかぶらず、蜂がブンブン飛び交う中、

このシートを持っていますが、射されませんでした。

 

巣をやさしくゆっくり丁寧に扱うと、その巣の蜂達はおだやかな蜂に

手荒く扱うと、気の短い蜂になるそうです。

生き物はみんな同じ。



分けていただいた蜂の巣は、巣虫もおらずきれいなもので

山桜のハチミツがいっぱい残っていたので、

生徒さん達と、舐め舐めさせていただきました^^

ほんとにおいしいハチミツでした。




こちらを精製してとれたのが、こちらのミツロウ

わずか50gほど・・・・貴重です。
働き蜂達の寿命は1年もありません

こんな小さな動物達が一生懸命
働いて生み出す産物だから
ミツロウの灯りはやさしくて
あたたかい。
大事に大事に使いたいですね。


 

2013.07.31 Wednesday

ミツロウキャンドルを作ろう

明日ミツロウを灯す燭台達です。
「ミツロウキャンドルを作ろう」
日時 7月31日(水) 17時~21時
費用 500円
蜂の巣から採れたミツロウを使ってキャンドルを作ります。
ほのかに甘いいい香りです。
住吉さんのお祭りも兼ねて、お立ち寄りくださいね。

2013.07.31 Wednesday

蜜蝋ミツロウ精製しました

蜂の巣から蜜蝋(ミツロウ)を採りました。
黄金色で蜜がたくさん残っていたので、甘くてよい香りです。
4キロほど採れました。
これで明日は、ミツロウキャンドル作ります!!

2 / 4123