PAGE TOP

CATEGORIES
ARCHIVES

キャンドル教室ブログ

2013.07.29 Monday

7月31日(水)ミツロウでキャンドルを作ろう

 
7月31日(水)は住吉大社の夏祭り
アトリエも、17:00~21:00頃まで、オープンしております。
蜂の巣から採れたミツロウを使ったキャンドルを
たくさん灯します。
ミツロウのあかりと、ほのかな甘い香りの空間へ是非
お立ち寄りくださいね。
「ミツロウでキャンドルを作ろう」
ワークショップも開催します!!




2012.09.13 Thursday

蜜蝋ミツロウ


今年も、高知県夜須の山から蜂の巣が送られてきました。
蜂の巣の精製は、昨年も一昨年も楽しませていただいたので、
今年はやってみたいとゆう生徒さんの元へお送りすることになっていたのですが
中を開けると何やらメモが・・・・
「〇の印の袋のやつは、蜂蜜を抜いてからだいぶ時間が経っていますので
巣虫が湧いています」
と・・・・・
巣虫が湧いてる・・・・・・
良く見ると〇の印の袋ばっかりやし・・・・・・・
中を開けるのが恐ろしくなった私は、蓋して、
ガムテープをがんじょうに貼り、
生徒さんの元へそのまま発送してしまいました。
生徒さん
巣虫・・・・・凄かったそうです

蜂蜜は栄養満点なので、すぐに虫がついてしまうみたいです。
昨年の精製記はこちらから
巣虫も登場しますので^^
始めて精製したミツロウを型に流し込んで作ったキャンドル達です。

2011.10.19 Wednesday

ミツロウキャンドル

8月に精製しておいたミツロウで、テーパーキャンドルを作りました。
レッスンをしている横で、生徒さん二人が、楽しそうに、何時間もひたすら作られていました。
日は私も仲間に入りたかった^^
合計何本できたでしょうか、たくさんできましたね、
色はまさしくハニーゴールド!!とてもいい香りが充満していました。


2011.08.09 Tuesday

ミツロウ精製記

今日は蜜蝋(ミツロウ)のお話を
もう1年前の事になりますが、生徒さんのお家で蜂の巣の精製にチャレンジしました。
巣を提供してくださったのは生徒さんMさんの親戚の養蜂家さん
高知の夜須で山の花の養蜂をされています。
ハチミツを抜いた巣を少しずつ溜めて送ってくださいました。
これが蜂の巣、粘りがあって蝋がたくさんついているもの、
カスカスのものやら色々ありました。

ミツロウの精製の仕方は色々ありますが、煮沸でやってみました。
沸騰したお湯の中に蜂の巣を割ってドンドン投入
中から色々浮かびあがってきました  そりゃそうですね  ひゃーー虫虫ムニョムニョ

一度ザッと濾しますが、
このままではまだまだ不純物が多くてロウソクには使えません。
そして更にキッチンペーパーで濾して
また煮沸させ、火を止め静止して置きます。
そうすると上が蝋,下が水と綺麗に分離して固まります。
これは蝋と水の比重が違うからです。
これでは濾しがあまいのでまだまだ細かなゴミやらついています。
その後、Mさんが蝋だけ摂って再度溶かし、
目の細かいサテンの生地で何度も濾してみたそうですが
濾している間に蝋が固まってしまってかなり苦戦されたようです。
蝋が固まる時に浮かびあがるこの六角模様が不思議!!

後日、Mさんがアトリエに持ってきてくださったミツロウ
色も香りも全部違いますが、香りはとても濃く感じました。
そして、溶かして早速キャンドルを作ってみました。
こっくりキャラメル色のミツロウです。

あれから1年...
今年も「蜂蜜の収穫が終わったので蜂の巣を送ります」とのご連絡
今年は、アトリエで精製してみます、興味のある方は是非ご一緒に^^

2010.10.08 Friday

ミツロウシート

本日もレッスンおつかれさまでした。
夜はすっかり雨に…
雨が降るたび少しずつ涼しくなって秋が深まって行くのがわかりますね。
さて、レッスン日の追加のお知らせです。
3連休の最終日、10月11日(月)です。
まだ空きがありますので、ご都合が合いましたら是非いらしてください。
ミツロウのシートも入荷しています
カラーはアイボリー・ホワイト・イエローです。

3 / 4234